悪魔の世界との危険な関わり (1) いやしと解放シリーズの本  天国地獄情報  

気を狂わされた宣教師たち



バガラス・カンコ師
  バガラス・カンコ師は「魔法使い」の家族の中に生まれ、サタンの世界に12年間関わり、第四世代目の「魔法使い」の地位を受け継ぐ前に、イエス・キリストによって救われました。
 現在、彼は教会の牧師であり、アフリカ、イギリス、カナダなどに教会を設立しています。
 クリスチャンであっても、悪霊のことに関して無知でいることは危険です。
 バガラス・カンコ師が神の恵みと御力によって救われた時、は彼にこう言われました。
彼らに悪霊どもに関する現実と、その暗闇に打ち勝つための私の力とについて教えなさい。
 なぜなら、私の教会は、彼らが直面しているその暗闇を理解していないからです


気を狂わされた宣教師たち!

バガラス・カンコ師は、次の話を紹介しています。
 ある時、オランダから約10人の宣教師たちがガーナ共和国の町に来て、ある偶像礼拝の村(そこは、悪魔的な村でした)に出かけて行きました。
 彼らは、その村の神殿に関わっている人々に話しかけました。
 そのオランダ人の宣教師たちは霊的な備えができてなく、霊的な判別力も持ち合わせていませんでした。
 その原住民は彼らに悪霊を送り込みました。
 その宣教師たちは町に戻って来ると、自分たちのズボンを脱ぎ始めました!
 なぜなら、精神錯乱の悪霊どもが彼らにとりついていたからです。
 人を狂気にさせる悪霊は非常に強力であり、アフリカでは魔法使いたちがそういう霊を放っています。

 バガラス・カンコ師は、その町の警察署からの電話で、こう要請されました。
 「我々には、あなたが必要です、すぐにです。
 我々の警察署に、オランダ人のクリスチャンたちがいます。
 彼らは完全に気が狂ってしまっています

 バガラス・カンコ師が警察署に駆けつけると、異常な興奮状態の中で踊っているオランダ人たちがいて、そこは大混乱の、非常に危険な状態でした。それから霊的闘いが行われました。

悪霊の世界との危険な関わり

   人が悪魔の世界に深く入り込めば入り込むほど、それから抜け出るのは困難となります。

ラファエル・ガッソン氏(元心霊術の「教師」・霊媒者。『悪魔による偽造物』参照)は、こう述べています。
 事実、ラファエル・ガッソン氏がクリスチャンになろうとした時、悪霊どもは彼を殺そうとしました。
 「その人の意志がどんなに強固であっても、そのわなから自由になるのは困難です。
 心霊術入るのはきわめて簡単ですが、それから出るのはきわめて危険なのです。
 心霊術は、その背後にサタンのあらゆるが存在します。…」


バガラス・カンコ師は、こう述べています。
 「この(悪魔の)力に入り込む人はみな、最後は悪霊にとりつかれることになります。
 真のクリスチャンだけが、悪霊を追い出すことや病人をいやすことができるのです。…
 人が軽い気持ちで魔術をする時、混乱が生じ、だまされている多くの人が、最後は気が狂ってしまうことがあります。
 そうして彼らは精神病院に送られ、二度と正気に戻ることはありません!
 決して勘違いしてはいけません。オカルトの力は、すべてサタンから来ているのです。
 人がオカルトの力を使う時はいつでも、悪魔がその人の霊の中に入り込む扉を、自分から開けることになるのです」

  ("The Witch Doctor and The Man City Under the Sea",by Pat Holliday,Ph.D. and Bishop Samuel Vagalas Kanco)



悪魔の世界との危険な関わり (1) 次へ(23

……


悪魔による偽造物   いやしと解放シリーズの本  天国地獄情報  エターナル・ライフ・ミニストリーズ





Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ  Counter